お茶零した。

作家・尼野ゆたかの日記です

休むのにも体力がいるという話

原稿を前倒し前倒しするならメタルのライブに行っている場合か、という疑問を持たれるかもしれませんが、むしろちょいちょい息抜きは挟みたいなと。

これは繰り返し言いますが、休まないで仕事し続けると仕事の質は落ちます。自分の経験からしてもそうですし、脳科学等の分野でもそういうのが発表されていると聞きます。

どうしても必死でやらないといけない時もありましょうが、できるかぎり避けるべきだと思います。ホンマに。

 

 

というわけでメタルのライブに行って楽しんでリフレッシュしてきたわけですが、より楽しむためにはもっと必要なことがあることが判明しました。

 

それは体力。Suomi Feast2018は6時間にわたって様々なメタルが演奏されるというイベントだったわけですが、若干ですがバテてしまって。

勿論最後まで楽しく観られたのですが、やはり運動不足を感じる瞬間がありました。昔は貧弱なりに最初から最後まで動けたのになあ……。

 

今年はもっと運動するつもりだったのに、全然できていない……いやいや、今からでも遅くない。取り返さねば。

 

体もメタルを目指したいところですが、現状卵豆腐みたいなもんですし、何よりもとにかく持久力ですね。

粘り強い卵豆腐を目指したいところです。それ腐ってるような気もしますが。

BGM: The Knife / Decapitated

 

拍手のお返事

00:17 留守の間は大○ョッカーの戦闘員たちが憩いの場にしてくつろいでいる。
お返事遅れて失礼しました。ってだから人の部屋でくつろがないでよ! するならするで片付けといてよ! そろそろ散らかりすぎて原状回復が不可能になりつつある現状だよ! とか言ってないで片付けないとな……。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする