お茶零した。

作家・尼野ゆたかの日記です

一回休み

なんだか何をやるにも進まず、苦しいだけの一日でした。

 

 

人工知能ではなくサイボーグでもない生身の尼野ゆたかなので、そういう日があって当たり前なのですが、なんとも徒労感だけがあります。

無駄にあがいても仕方ないので、今日は一回休みのコマにうっかり止まってしまったのだと考えるのが一番マシなのですが、そう簡単に気持ちが切り替わることもなく。

この一日に世の中がどれだけ進んだかと考えると、大変焦ってしまいます。うう……自分だけが置いて行かれてしまう……!

BGM: If Eternity Should Fail / Iron Maiden

 

 

広告を非表示にする