お茶零した。

作家・尼野ゆたかの日記です

季節の変わり目に起こる耳詰まりについて

季節の変わり目に、よく耳詰まりを起こします。主に左側。 今もちょっと変な具合です。

 

耳詰まりの症状 ~とてもつらい~

 耳詰まりといっても、鼻詰まりのように粘液状の何かが詰まるのではなく*1、あくまで「詰まっている感」が発生するだけです。

しかしこの「詰まっている感」が意外に厄介で。左右で聞こえ方が変わり、音の高さまで違って聞こえるほど。

具体的に言うと、左が1/3音ほど低くなります。たとえば電話の受話器を取った時のあの「ぷー」音も、右で聞くか左で聞くかで音程が変わるのです。

加えて低めの男性の声が聞き取りにくくなったり、自分の上の歯と下の歯をぶつけた時の音が金属的な感じで響いたり、実に難儀なことになってしまいます。

 

 

お医者さんの診断 ~鼻が曲がっている!?~

いわゆる低音難聴と症状が重なる面が多いのですが、この前詰まった時に耳鼻科に行ってみると、鼻の炎症が原因ではないかということでした。

 

元々尼野ゆたかの鼻は曲がっています。これはボクサーのようにパンチを食らって骨折したとかそういうことではなく、鼻中隔という鼻を左右二つにしきる部分の骨が曲がっているのですね。*2

どうもこのせいで鼻から耳にかけての空気の流れが悪くなり、ひとたび炎症が起これば耳に影響が生まれると。

実際、撮影してもらったレントゲンでは鼻から耳にかけて白い影のようなものが写っていました。影というと不吉ですね。煙みたいな感じというか。通常のものと比較を見せてもらうとその違いは明らかでした。

 

緩和治療として行われる耳管通気*3も、曲がってる側は全然通らなくて往生しました。めっちゃ痛いんですよね。

 

 

深く気にしないのが一番 ~なんだけれども

そうなると鼻の骨の曲がりを治すほかないのですが、それはそれでかなり大変らしいので*4、おかしくなっても一時的なものであるみたいな感じでどんと構えるしかないのですね。

 

耳のダメージは不可逆なので不安になることもしばしばですが、まあ心配していても仕方ありませんからねえ。でも聴力低下してメタルが聴けなくなるとかはいやだしなあ。悶々。

 BGM: Castle of Glass (M. Shinoda remix) / Linkin Park

 

 

*1:尼野ゆたかはいわゆる粉耳です

*2:鼻中隔弯曲症と呼ばれるものらしい

*3:鼻から細い管を差して耳に空気を流す

*4:骨を削るらしい

広告を非表示にする